HPVワクチン被害者のブログ

@novaccine365は私のなりすましアカウントです。

ワクチン接種まで数週間

“Israeli Scientists Say They Will Have Coronavirus Vaccine "In A Few Weeks"(イスラエルの科学者は、「数週間で」コロナウイルスワクチンを接種すると発表)“

https://www.zerohedge.com/geopolitical/israeli-scientists-say-they-will-have-coronavirus-vaccine-few-weeks

Zero Hedgeの、2月27日の記事を和訳しました。


---


昨日、CDCの感染症部門の責任者であるAnthony Fauci博士は、GileadとModernaは第1相臨床試験の準備ができているか、ほぼ準備ができているかもしれないが、米国では有効なワクチンがあと一年間から18カ月間はないだろうと断言した。

エルサレム・ポスト紙が引用した声明によると、イスラエルの科学者チームは、新型コロナウイルスに対する最初のワクチンの開発に取り組んでいると、イスラエルのOfir Akunis科学技術相は述べている。すべてが計画通りに進めば、ワクチンは数週間以内に準備が整い、90日以内に人間が使用できるようになるかもしれない。

MIGAL[The Galilee Research Institute、ガリラヤ研究所]がこの画期的な進展を成し遂げたことを祝福するとともに、「Akunisは言った。」と述べた。

この四年間、MIGALの科学者チームは、家禽に気管支疾患を引き起こす伝染性気管支炎ウイルス(IBV)と闘うワクチンを開発してきた。ワクチンの有効性は、獣医研究所で実施された前臨床試験で実証されている。

この過程の中で、彼らは新しいワクチンを開発するためのプロセスを発見しました。このプロセスは、世界に先駆けて、新しいコロナウイルスのワクチン開発を促進するものと期待されている。

「われわれの基本的なコンセプトは、この種のウイルスやその種のウイルスに対するワクチンではなく、技術を開発することだった。」とMIGAL社のバイオテクノロジーグループのリーダーであるChen Katz博士は言いました。「このワクチンの科学的枠組みは、新しいタンパク質発現ベクターに基づいている。このベクターは、自己活性化エンドサイトーシスによってウイルス抗原を粘膜組織に送達するキメラ可溶性タンパク質を形成して分泌し、体にウイルスに対する抗体を形成させる。」

今回のプロジェクトがコロナウイルスのワクチンとして有用であることを発見したのは次のような理由からだ。

前臨床試験において、同チームは経口ワクチン接種が高レベルの特異的抗IBV抗体を誘導することを実証したとKatz氏は述べた。

「これを純粋なラッキーと呼びましょう。」と、彼は言いました。「我々は、我々の技術の概念実証のために、我々のシステムのモデルとしてコロナウイルスを選ぶことにした。」

しかし、科学者たちが現在の世界的な流行の原因となっている新種のコロナウイルスのDNA配列を調べたところ、MIGALの研究者たちは、家禽のコロナウイルスがヒトのコロナウイルスと高い遺伝的類似性を持ち、同じ感染メカニズムを使っていることを発見しました。そのため、非常に短期間で効果的なヒト用ワクチンが得られる可能性が高くなりますと、Katz氏は言った。

「システムを新しいシーケンスに合わせるだけで」と、彼は言いました。「私たちはこの過程の途中であり、願わくば数週間以内に私たちはワクチンを手にするだろう。ええ、数週間後にすべてうまくいけば、コロナウイルスを予防するワクチンができます。」


Akunis氏によると、政府はワクチンの承認プロセスをすべて「迅速な 」し、できるだけ早く承認を得られるようにしたという。

MIGAL社が新しいワクチンの開発を担当することになるが、その後、臨床試験や大規模な製造を含む規制プロセスを経なければならないとカッツ氏は述べた。

Akunis氏は、できるだけ早くヒトワクチンを市場に出すことを目標に、すべての承認プロセスを迅速化するよう同省の局長に指示したと述べた。

「ヒトコロナウイルスワクチンの緊急の世界的な必要性を考慮し、我々は開発を加速するためにできる限りのことをしている。」とMIGAL社のDavid Zigdon最高経営責任者は言う。このワクチンは「90日間で安全性の承認を得ることができます」可能性があるという。

Zigdon氏によると、このワクチンは経口ワクチンで、一般の人々が特に入手しやすいものになるという。

「現在、臨床試験段階を加速し、最終製品の開発と規制活動の完了を早めることができるよう、パートナー候補と集中的な話し合いを行っています。」と、彼は言った。

イスラエルは、韓国とイタリアを訪問した旅行者の中で、一握りの症例しか確認していない(木曜日に確認された1件)。もしイランがワクチンを導入したら、それをイランと共有するだろうか?


---


3月31日にはGoogleの規約変更がある。
ワクチンが危険だとの治験結果が出た頃には、個人であっても多くの人達に届くようには発信出来ないのではないか。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/02(月) 12:21:04|
  2. 未分類

プロフィール

HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

Author:HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1207)
ブログ (108)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR