HPVワクチン被害者のブログ

@novaccine365は私のなりすましアカウントです。

佐藤嗣道委員とは一緒にされたくない

第5回 医薬品等行政評価・監視委員会資料より

【資料3】医薬品等行政評価・監視委員会において検討すべき課題 (佐藤委員提出資料)[PDF形式:320KB]

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000833076.pdf


佐藤嗣道委員のやりたいことって

・ワクチン接種台帳データと電子カルテデータ(個人識別子使用)、住民基本台帳データ、レセプトデータ等の電子データをリンクさせて、新コロワクチンの「安全性」評価を迅速にする

・薬害肝炎検証委員会の最終提言をダシに、グローバリストが医療情報を一元管理し、利用できる仕組みを構築させる

参考) 薬害肝炎検証・検討委員会「最終提言」概要版
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/04/dl/s0428-8b.pdf

・. ICT (Information and Communication Technology、情報通信技術)の活用を言って個別の副作用報告制度を廃止させる

・安全性に懸念がない場合などないほど酷い現状を無視し、データベースを用いた比較群を設ける使用成績評価をさもいいことのように推進し、例えば偽りのプラセボを用いた比較群を設けたワクチン使用成績評価等を行って、医薬品安全監視活動を形骸化させる

・さも欧米の方がリスク最小化が出来ているかのような嘘をつき、行政のせいで、いたいけな国民はワクチンの安全対策でデマや憶測をいう無知蒙昧な存在であるとみなす

・厚労省やPMDAといった国の機関や、国の影響を受ける機関ではなく、グローバリストの息がよりかかりやすい大学・大学院等で薬剤疫学の専門家を育成し、配置する。

・医薬品等の安全対策に関する行政の意思決定を、グローバリストの息のかかりやすい外部専門家にやらせる

・.国際医学団体協議会(CIOMS)をさもいいものかのようにして出し、欧米の方が副作用対策が良いかのような嘘をついて、副作用の自発報告制度を弱体化させ、代わりに副作用シグナルをデータマイニングで検出し強化する、つまりデジタルデータを集積し、システマティックに検出・評価することで副作用対策をするという、グローバリストに都合の良い「安全」対策に変更する

参考) 副作用評価におけるシグナル検出
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpe/14/1/14_1_27/_pdf

・迅速かつ積極的な実施という口実で、MID-NETやNDB を用いた調査を、国の影響下にあるPMDA自らに計画・実施させることをやめさせて、グローバリストが支配できる企業に計画・実施を指導させるようにする。

という風に、私には見えましたが、長く中傷されたり裏切られたりする生活のせいで、底意地が悪くなったのでしょうか…?

佐藤嗣道委員はお母様がサリドマイドが配合された胃腸薬「プロバン M」を飲まれた結果、被害児として札幌にお生まれになり、同じ北大に進学されたとのことですが、私は薬害被害者として、一緒にされたくないです。



ところで、先月、こうした葉書が我が家に届きましたが、



既に新型コロナワクチンによる薬害被害者が相当数いることは、ご自身が第4回医薬品等行政評価・監視委員会でご指摘されたとおりだと思いますが、それなのに何故、「薬害にしない」のでしょうか?

私はHPVワクチン被害者ですが、とっとと薬害にして欲しいですよ。

この催しを主宰している株式会社北海道保健企画は民医連系の企業のようですが、
https://p-himawari.co.jp/about-us/company-profile/#
会費も何も支払っていない私のところにまで63円もかけて葉書を出せる原資というのは、一体どこから出ているのでしょうか。

民医連にも素晴らしい方々もいらっしゃいますし、この催しにも素晴らしい方々もいらしたと思うのですが、少し気になりました。
スポンサーサイト



  1. 2021/09/17(金) 00:58:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Nothing Like the Sun | ホーム | 本日17時より第5回医薬品等行政評価・監視委員会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

Author:HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1207)
ブログ (108)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR