HPVワクチン被害者のブログ

@novaccine365は私のなりすましアカウントです。

Geert Vanden BosscheのWHOへのオープンレター全文和訳

GAVIとゲイツ財団にいたGeert Vanden Bossche博士のWHOへのオープンレターを急ぎ和訳しましたので、間違いありましたらお知らせください。

https://37b32f5a-6ed9-4d6d-b3e1-5ec648ad9ed9.filesusr.com/ugd/28d8fe_266039aeb27a4465988c37adec9cd1dc.pdf

---

Geert Vanden Bossche, DMV, PhD, 独立したウイルス学者、ワクチン専門家、元GAVI・ビル&メリンダ・ゲイツ財団勤務。

世界中のすべての権威者、科学者、専門家の皆様、そしてこれに関係する全世界の皆様へ

私は反ワクチン派ではありません。科学者として、私は通常、ワクチン関連のトピックについて立場を表明するために、この種のプラットフォームに訴えることはありません。献身的なウイルス学者であり、ワクチンの専門家でもある私が例外とするのは、公衆衛生を脅かすような方法でワクチンが投与されることを保健当局が認めている場合であり、特に科学的根拠が無視されている場合です。現在の極めて危機的な状況下では、私はこの緊急コールを広めざるを得ません。Covid-19のパンデミックに人間が介入した前例のない範囲が、世界的に比類のない大惨事を引き起こす危険性がある今、この呼びかけは十分に大きく、強く響くものではありません。

前述の通り、私はワクチンに反対しているわけではありません。それどころか、現在のワクチンはどれも優秀な科学者によって設計、開発、製造されたものだと断言できます。しかし、このようなタイプの予防ワクチンは、ウイルスの大流行時に大量のワクチンキャンペーンに使用するには全く不適切であり、非常に危険でさえあります。ワクチン学者、科学者、臨床医は、個々の特許における短期的な効果に目を奪われていますが、世界の健康に対する悲惨な結果については気にしていないようです。私が科学的に間違っていることが証明されない限り、現在の人間の介入が、流通している変異体が野生のモンスターに変わるのをどのように防ぐかを理解するのは難しいです。

時間との戦いの中で、私は科学論文を完成させていますが、急速に広がる高感染性の亜種の脅威がますます大きくなっていることを考えると、残念ながらその発表は遅すぎると思われます。そこで、最近オハイオ州で開催されたワクチンサミットでの基調講演と、私の研究成果をまとめたものをLinkedInに掲載することにしました。先週の月曜日、私はWHOをはじめとする国際的な保健機関に対し、現在のパンデミックについて、科学的な情報に基づいたCovid-19の免疫生物学的な分析を行いました。私は、緊急事態のレベルに応じて、私の懸念を考慮し、これ以上の「ウイルスの免疫逃避」がもたらす有害な結果について議論を始めるよう、WHOに求めました。この分野の専門家ではない人のために、この陰湿な現象の背後にある科学を、よりわかりやすく、理解しやすい形で説明しています。

時間がない中、これまでに何のフィードバックも受けていません。専門家や政治家は口を閉ざしたままですが、明らかに感染予防規則の緩和や「春の自由」については熱心に語っています。私の発言は、科学以外の何ものにも基づいていません。科学的に反論されることもあります。科学的に間違った発言をしても、仲間から批判されることはほとんどありませんが、現在、世界のリーダーたちに助言を与えている科学者のエリートたちは、沈黙を守りたいようです。十分な科学的証拠が提出されています。しかし、残念なことに、行動を起こす力を持った人たちはそれに手をつけていません。ウイルスによる免疫逃避が人類を脅かしているという膨大な証拠がある中で、どれだけ問題を無視できるでしょうか。知らなかった、警告されていなかった、とはとても言えません。

この苦渋の手紙の中で、私は自分の評判と信頼性のすべてを賭けています。人類の守護者である皆さんにも、少なくとも同じことを期待しています。これは非常に緊急なことです。討論会を開いてください。ぜひ流れを変えてください。


国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態
パンデミック時に大量のワクチンを接種すると、どうしようもないモンスターが生まれる理由

重要な問題は、なぜ誰もウイルスの免疫逃避について気にしていないのかということです。これを、もっとわかりやすい現象で説明してみましょう。抗菌薬の耐性です。この問題は、私たちが自分で作った「抗ウイルス剤」への耐性にも容易に当てはめられます。実際、私たち自身の免疫系によって産生される抗体(Abs)は、自然免疫系の一部であるか(いわゆる「自然型」Abs)、特定の病原体に反応して誘発されるか(いわゆる「後天型」Abs)に関わらず、自作の抗ウイルス剤と考えることができます。自然免疫系は病原菌を特定しないのに対し、獲得免疫系は侵入してきた病原菌を特定して攻撃します。生まれた時、私たちの自然免疫系は「未経験」ですが、しっかりと確立されています。自然免疫系は、様々な病原体から私たちを守り、これらの病原体が病気を引き起こすのを防いでいます。自然免疫系は遭遇した病原体を覚えていないので(自然免疫にはいわゆる「免疫学的記憶」がない)、十分に「訓練」しておくことで、自然免疫系に頼り続けることができます。そのためには、病原体を含む無数の環境因子に定期的に触れることが必要です。しかし、年齢を重ねるにつれ、自然免疫(「免疫防御の第一線」とも呼ばれる)が、病原体を侵入口(主に呼吸器や腸の上皮などの粘膜バリア)で食い止めるのに十分でない状況に直面することが多くなります。このような場合、免疫システムは、病原体を撃退するために、より専門的な免疫システムのエフェクター(すなわち、抗原特異的なAbs細胞やT細胞)に頼らなければなりません。そのため、大人になるにつれ、私たちは病原体に特化した免疫を獲得していきます。高特異性Absは、病原体(例えば、ウイルス)に対してより強い親和性を持ち、高濃度に達することができるので、病原体/ウイルスとの結合において、私たちの自然なAbsを容易に凌駕することができます。現在のCovid-19ワクチンが誘導しているのは、まさにこのタイプの高特異性、高親和性のAbsなのです。もちろん、これらのAbsの崇高な目的は、Covid-19から私たちを守ることです。では、なぜCovid-19対策としてこのワクチンを使用することに大きな懸念があるのでしょうか?

古典的な抗菌剤に適用されるルールと同様に、自分で作った「抗ウイルス剤」が十分な濃度で利用可能であり、敵の特定の特徴に合わせて調整されていることが最も重要です。細菌性疾患の場合、抗生物質の種類を選ぶだけでなく(抗生物質検査の結果に基づいて)、その抗生物質を十分な期間(処方箋に従って)服用することが重要なのはこのためです。これを怠ると、微生物に生存のチャンスを与えてしまい、病気が進行してしまう危険性があります。非常によく似たメカニズムがウイルスにも適用される可能性があります。特に、簡単かつ迅速に変異するウイルス(例えば、コロナウイルスの場合)には、軍隊の(集団の、と読む)免疫防御による圧力がウイルスの複製と感染を脅かし始めると、ウイルスは別の被膜を身にまとい、宿主の免疫システムに容易に認識されなくなり、その結果、攻撃されることになります。これでウイルスは、免疫から逃れることができるようになりました(いわゆる「免疫逃避」)。しかし、ウイルスがこの戦略に頼ることができるのは、まだ複製するのに十分なスペースがある場合に限られます。大多数のバクテリアとは対照的に、ウイルスは生きた宿主細胞に依存して増殖しなければなりません。このため、「逃避変異体」が発生しても、その変異体がすぐに別の宿主を見つける可能性が極めて低い限り、それほど心配する必要はないのです。しかし、ウイルスのパンデミック(大流行)では、そのようなことはありません。パンデミック時には、ウイルスは世界中に広がり、多くの被験者がウイルスを排出し、感染します(無症状の「キャリア」も含めて)。ウイルス量が多ければ多いほど、まだ感染していない人や、感染していても症状が出ていない人にウイルスが接触する可能性が高くなります。このような人は、生まれつきの免疫力(自然免疫)で十分に守られていなければ、他の免疫力に頼ることができないため、Covid-19病にかかってしまいます。
つまり、後天的なAbsに頼ることができないので、Covid-19に感染することになります。実際に、無症候性感染者におけるS(スパイク)特異的Absの増加はかなり限定的であり、短期間であることが広く報告されています。さらに、これらのAbsは完全には成熟していません。

抗体の成熟度が低く、濃縮された状態でウイルスに感染することで、ウイルスは変異を選択し、免疫の圧力から逃れることができます。これらの変異体の選択は、好ましくはSタンパク質で行われ、これはウイルスの感染性を担うウイルスタンパク質です。選ばれた変異体によってウイルスの感染力が高まると、感染した人に重篤な病気を引き起こすことが容易になります。症状のある病気を発症する人が多ければ多いほど、ウイルスはその増殖と永続性を確保することができます(重症化した人は、無症状の感染者に比べて、より多くのウイルスを長期間にわたって排出する)。残念なことに、S特異的Absの短期間の増加は、人々の生来の/自然のAbを回避するのに十分です。Sに対する親和性がS特異的Absの親和性よりも低いため、これらは排除されます。つまり、国民の感染率が上昇すると、S仕様のAbsが瞬間的に増加している間に感染する被験者の数は確実に増加します。その結果、自然免疫力が一瞬低下した状態で感染する被験者の数が増加します。その結果、上気道に限られた軽い症状や全く症状が出ない人よりも、重症化しやすい人が着実に増えていきます。パンデミックの際には、特に若い世代がこの進化の影響を受けることになりますが、これは自然免疫が「後天的」な抗原特異的免疫によってまだほとんど抑制されていないためです。自然免疫、そして一般的な自然免疫は、私たちを病原体から守るために重要な役割を果たしており、私たちの最初の免疫防御ラインを構成しています。獲得免疫とは対照的に、自然免疫反応は広範囲の病原体から防御します。自然免疫細胞は、多様な異物(非自己)を認識するので、環境の変化に十分に対応できるようにしておくことが重要です。自然免疫系(残念ながら記憶力はありません!)を鍛えておくことで、実際に病原性を持つ病原菌に対して、より簡単に抵抗できるようになります。例えば、風邪の原因となる他の無害なコロナウイルスにさらされると、Covid-19とその忠実な子分(つまり、より感染力の強い亜種)に対して、短期間ではありますが保護されることが報告され、科学的にも証明されています。

自然免疫の抑制は、特に若い年齢層では非常に大きな問題となる可能性があります。パンデミック発生時に実施された厳重な封じ込め措置による感染の欠如が、人々の生来の免疫システムを十分に訓練する上で有益でなかったことは疑いの余地がありません。このような状況では、この層の人々の自然免疫の防御力は大きく損なわれることになりますが、さらに若い年齢層の罹患率と死亡率を劇的に高める別の力が働いています。高齢者への集団予防接種です。高齢者が広範囲に予防接種を受け、保護されればされるほど、ウイルスは若年層に病気をもたらし続けることになります。これが可能になるのは、以前に無症候性の感染者で一時的に上昇したS特異的Absにウイルスが逃げ込む場合のみです。もしウイルスがそうすることができれば、(一時的に)抑制された自然免疫を利用することができ、その結果、これらの被験者の数を増やして病気を引き起こし、自らの増殖を確実にすることができます。したがって、自然免疫が一時的に低下して発病しやすい候補者に対して、ウイルスの感染力を高めるためには、Sタンパク質の標的変異体を選択することが必要となるのです。

しかしその一方で、ワクチンを接種した人々が、ワクチンに含まれるSエディションとはますます異なるタイプのSタンパク質を示す感染性の亜種に直面するという、大きな問題にも直面しています(後者のエディションは、パンデミックの初期に発生した、感染力のはるかに低いオリジナル株に由来しています)。より多くの亜種が感染するようになると(つまり、ワクチンを接種した人口の一部へのウイルスの侵入が妨げられると)、ワクチンAbsの防御力は低下します。すでに現在、保護機能の欠如により、これらの感染性の高い株(ちなみに、この株はますます世界の主流となっています)にさらされたワクチン接種者の間で、ウイルスの排出や感染が起こっています。このようにして、私たちは現在、ワクチン接種者を感染性の亜種を排出する無症候性キャリアにしているのです。

近い将来のある時点で、(「選択的な投資に対するリターン」という意味で)ウイルスが、(すでに感染力を高める複数の変異を持っている)ウイルス亜種のSタンパク質に、さらにいくつかの変異(おそらく1つか2つ)を加えて、許容上皮細胞の表面に発現している受容体(ACE-2)との結合をさらに強化しようとすることが、より有利になるでしょう。これにより、新しい変異体はACE受容体への結合においてワクチン由来の抗体を凌駕することができるようになります。つまり、現段階では、ウイルスの受容体結合ドメイン内にごくわずかな標的変異を追加するだけで、ワクチンによるものであれ、自然感染によるものであれ、S特異的抗Covid-19抗体に完全に抵抗することができるのです。この段階では、ウイルスは、S特異的抗体が防御の観点からは役に立たなくなったものの、自然免疫を長期間にわたって抑制することができるため、非常に病気にかかりやすくなった被験者の巨大なリザーバーにアクセスすることができたことになります(すなわち、自然感染や、特にワクチンは、比較的長期間にわたって特異的抗体を誘発する)。そのため、ワクチンを接種した人と、過去にCovid-19の病気にかかったことで十分な量のS抗体を持っている人の両方が、感染源となるのです。)つまり、Covid-19にとってはMISSION ACCOMPLISHED(ミッション達成)ですが、すべてのワクチン接種を受けた人やCovid-19の血清反応を受けた人にとっては、Covid-19に対する獲得免疫と自然免疫の両方を失ったことになり、悲惨な状況となります(その一方で、感染力の高い株が流通しているのです!)。つまり、Covid-19が、人間の免疫システムの先天的なものも、適応・獲得したものも(後天的なAbsがワクチンや自然感染によるものであるかどうかにかかわらず)完全に無視できるような高い感染力を持つウイルスに変化するのに、わずかな時間しかかからないレベルまで、若年層のウイルスを駆り立ててしまったということです。多くのワクチン接種者が、たった1回のワクチン接種で感染力の高いウイルスにさらされていることを考えると、ウイルスに対する不安はさらに無視できなくなってきています。したがって、彼らはまだ最適な機能を獲得していないAbsを持っていることになります。このことが免疫逃避をさらに強化することになることは説明するまでもないでしょう。基本的に、私たちは間もなく、私たちの最も貴重な防御メカニズムである人間の免疫システムに完全に抵抗する超感染性ウイルスに直面するでしょう。

以上のことから、今回のパンデミックに人間が大規模かつ誤った介入をした結果、人類の大部分が絶滅しないと想像することはますます困難になっています。比較的無害なウイルスを大量破壊の生物兵器に変えるのに、同じレベルの効率性を実現する戦略は、他にほとんど考えられないでしょう。

また、コロナウイルスが種の壁を越えることができるのは、Sタンパク質の変異(すなわち、エスケープ変異の選択対象となっているのと全く同じタンパク質)が知られていることも、指摘しておく価値があるでしょう。つまり、ワクチンを介した免疫逃避によって、ウイルスが他の動物種、特に産業用家畜(養豚場や養鶏場など)に飛び火するリスクは無視できないということです。これらの動物種はすでに複数の異なるコロナウイルスを保有していることが知られており、通常は飼育密度の高い農場で飼育されています。インフルエンザウイルスの場合と同様に、これらの種はSARS-COVID-2ウイルスの新たなリザーバーとなる可能性があります。

病原体が宿主の免疫システムと共進化してきたため、急性自己限定性ウイルス感染症の自然なパンデミックは、人間の命を必要以上に犠牲にしないように形成されてきました。今回のパンデミックは、人間が介入したことにより、最初の段階でその流れが大きく乱れてしまいました。厳重な感染予防対策と、不十分なワクチンを使った大量のワクチンキャンペーンとが相まって、パンデミックがますます「制御不能」になっていくことは間違いないでしょう。

逆説的ではありますが、このパンデミックを終わらせるための唯一の方法は、(悲惨な経過をたどること以外には)「ワクチン」です。もちろん、使用されるワクチンの種類は、通常の疑いのあるB細胞やT細胞ではなく、NK細胞を誘導するという点で、従来のワクチンとは全く異なるものになるでしょう。NK細胞は、無症候性感染者が感染の初期段階でCovid-19を完全に排除するために重要な役割を果たしているという、説得力のある科学的証拠があります。NK細胞は人間の自然免疫系の細胞の一部であり、自然のAbsと同様に、広範囲で多様な病原体を認識して攻撃する能力を持っています。NK細胞がコロナウイルス(すべての変異型を含む)を感染の初期段階で認識して殺すことができるように、NK細胞を「プライム」することが可能であると考えるのは、科学的な根拠に基づくものです。NK細胞には、免疫学的記憶を獲得する能力があると言われています。NK細胞がコロナウイルスに感染した細胞を永続的に認識し、標的とするように教育すれば、私たちの免疫システムは、コロナウイルスに感染する前に、コロナウイルスの世界に標的を絞って攻撃するための完璧な武器となります。NK細胞を用いた免疫防御は、殺菌効果のある免疫を提供し、広範囲かつ迅速な防御を可能にするので、感染力の高いCovid-19亜種の危険な拡散を阻止するためには、人間の自然免疫細胞を利用することが唯一の方法であると考えるのが妥当でしょう。

私たち人類が種の存続を願うならば、このような感染力の強いウイルスを根絶する以外に選択肢はありません。そのためには、確かに大規模なワクチン作戦が必要です。しかし、NK細胞ベースのワクチンは、主に私たちの自然免疫をより良く準備し(記憶!)、集団免疫を誘導することができます(これは、現在のCovid-19ワクチンが行っていることとは全く逆ですね、ワクチンを受けた人はますますウイルスを排出する無症候性キャリアになってしまうのですから)。つまり、ギアを入れ替えて、現在の殺人ワクチンを命を救うワクチンに置き換えるための時間は1秒もないのです。

私は、WHOをはじめとするすべての関係者に、その信念にかかわらず、このような行為を「国際的に最も重要な公衆衛生上の緊急事態」として直ちに宣言することを訴えます。


スポンサーサイト



  1. 2021/04/12(月) 13:19:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Covid-19の集団ワクチンキャンペーンは、なぜ選択的な免疫逃避変異体の優位性を促進するのか? | ホーム | 新コロワクチンは理想的な殺傷注射か?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

Author:HPVワクチン被害者(にいがた学・Manami Niigata)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1207)
ブログ (108)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR